ホーム > 学校長より

ごあいさつ

神奈川県立新羽高等学校長
 加藤 俊志(かとう しゅんじ)


 このたびは、新羽高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 本校は、昭和52年に創立し、今年で41年目を迎える全日制普通科の全クラス数30クラスの大規模校です。昨年度40周年記念式典を終え、今年度は新たな飛躍の年でもあります。卒業生は、この春までに13,547人を輩出しており、各方面で活躍しています。


 本校は、校訓に「誠実、清楚、明朗」を掲げ、「主体的に学ぶ生徒」「自ら思考し判断し表現できる生徒」「自分から進んで挨拶や返事ができる生徒」「他人や相手を思いやり、共感できる生徒」「夢の実現に向けて挑戦し続ける生徒」「広い視野を持ち協調性のある生徒」「集団の中で自分の役割と責任が果たせる生徒」を育てていきます。


 目まぐるしく社会が変化する中で、10~20年後には、国内労働人口の49%にあたる職業が、人工知能やロボットで代替される可能性が高いと言われています。身近にある職業がなくなるというものです。これからの時代を生き抜いていくには、AI(ロボット)ではできない能力を身に付けていかなくてはいけません。これまでは、教科書の内容を覚え、素早く、正確に再生する(暗記)ことが重視されてきましたが、これからの時代は、「習得した知識を活用し、自ら課題を見つけ、他者と協働し、その課題を解決していく能力」が必要となってきます。そのためには、「コミュニケーション能力」が重要です。本校では、生徒の10年後、20年後の将来を見据え、そうした能力を身に付けさせる教育を提供していきます。


 入学した生徒が将来の自分に「夢」を持ち、卒業時には希望の進路が実現できるよう、教職員一同「チーム新羽」として全力で生徒を支援してまいります。また、保護者、地域からより応援される魅力ある学校づくりに取り組んでまいります。


                                           平成29年4月