ホーム > 学校概要 > 不祥事ゼロプログラム

平成27年度新羽高等学校不祥事ゼロプログラム

新羽高等学校は、事故・不祥事の発生をゼロにすることを目的として、次のとおり不祥事ゼロプログラムを定める。

1 実施責任者

実施責任者は校長とし、副校長・教頭及び事務長がこれを補佐する。また、総括教諭は、校長及び副校長・教頭を補佐し、事務長を補助する。実際の行動については、事故防止会議を事務局とし、全教職員でこれを行う。

2 課題と目標

No 課題 目標 検証
1 2 3
公務外非行の防止 公務外非行の防止(法令遵守意識の向上)      
セクハラ・わいせつ行為 セクハラ・わいせつ行為(スクールセクハラ含む)の未然防止      
体罰、不適切な指導 体罰、不適切な指導の未然防止      
適正な経理処理 適切な予算編成及び執行並びに現金管理、備品の現物照合      
個人情報等の管理、情報セキュリティ対策 個人情報の適切な管理による流出事故の防止及び誤廃棄の防止      
交通事故防止、交通法規の遵守 交通事故、酒酔い運転、酒気帯び運転の未然防止、交通法規の遵守      
業務執行体制 業務執行に係る適切な執行体制(情報の共有、相互チェック体制、業務協力体制)の確認・徹底      

3 行動計画

(1)「事故防止会議」体制

4 検証

設定した目標に沿って、プログラムを実行し次に示す時期に検証を行う。
検証の結果、達成度が低い場合は対応策を検討し、達成度が上がるように行動計画を設定し直す。
(1)第1回検証…8月
(2)第2回検証…1月
(3)第3回検証…3月

5 実施結果

4検証(3)の検証を踏まえ、「実施結果」を取りまとめ、教育局総務部行政課に報告する。

6 次年度プログラムの作成

4検証(3)の検証を踏まえ、次年度「不祥事ゼロプログラム」を作成する。

7 事務局

プログラムの策定及び実行の具体的手続きについては、事故防止会議を事務局とし、全教職員でこれを行う。


不祥事ゼロプログラム(PDFファイル)